その他の棋士

ネットもSNSもない時代に「炎上」した田中寅彦七段(当時)

2017/02/12

tanaka-torahiko

(画像:http://www.shogi.or.jp/player/pro/127.html

「序盤のエジソン」の異名を持ち、居飛車穴熊の優秀さを将棋界に広めた田中寅彦九段。

田中九段は谷川浩司九段より5歳上で、プロ入りも半年ほど先。

将来を嘱望されていた20代の頃、物議をかもした名言を世に残しました。

あのくらい(!?)で名人になる男もいる

田中寅彦七段(当時)が米長邦雄王将(当時)との対局の自戦記(将棋世界1984年2月号掲載)で、このような文章を書きました。

王将の読みの早さ、正確さに、依然自分が及ばないことを痛感させられた。

これほどの人が、まだ名人になれないでいる!!(一方、あのくらい!?で名人になる男もいる)

(引用:【田中寅彦七段(当時)「一方、あのくらい!?で名人になる男もいる」】より)

「あのくらい!?で名人になる男」とは、もちろん谷川浩司名人(当時)のこと。

まぁ、当然悪意はなく、全文を読めばユーモアだとわかるのですが、発信者の真意を理解してくれないのが大衆というもの。

当時はなんと、棋士の住所録がしれっと雑誌に載っていた時代。

ユーモアの通じない輩からの批判の手紙が、田中七段の自宅へ殺到したとか。

SNSがない時代の「炎上」

こちらは将棋世界で毎度お馴染み、順位戦「昇級者のよろこびの声」から。

田中寅彦八段(当時)がA級昇級を決めたときに寄せた文章です。

これはきっと将棋の神様が、ぼくに”田中お前、八段でどれぐらい戦えるかやってみろ”と言ってくれたんじゃないかと思っています。

それと、八段に昇れたのもファンの皆様の暖かい声援と、いろいろな激励の手紙やら電話のおかげと大変感謝しています。

* * *

八段に昇ったのは予定通りなんですが、私より上に歳下の男がいると思うと悔しい。あっ こんなことを書くと、また激励の手紙がくるかな?

編註:…田中に「あいかわらず葉書がくるかい」と訊いた。田中が谷川名人のことを「あのくらい!?で名人になる男がいる」と書いたら、「なにをいうか」といった文体の投書がびっくりするほどきた、と聞いたからである。

(引用:「炎上を闘志に変えた田中寅彦八段(当時)」より)

怖えぇ・・・。

現代のTwitterが投書になっただけで、これはインターネットもSNSもない時代の「炎上」はというやつですね。

しかし田中八段はその数ヵ月後にA級昇級を果たし、その「激励」が原動力になったと堂々と書いたのだから大した豪気の持ち主。

でもたぶん、その手紙を受けとったときは、怖かったと思いますよ・・・。

人の悪意って、文章を通じて伝わりますからね。

-その他の棋士