将棋

将棋の日の由来から紐解く「将棋のプロ制度」のあけぼの

「将棋の日」の由来

バレンタインデーやホワイトデーほど有名ではありませんが、11月17日は「将棋の日」です。

なぜ11月17日が将棋の日かというと、この日に「御城将棋」が行われていたことに由来があります。

「御城将棋」とは何ぞや?という話と併せてどうぞ。

11月17日は「将棋の日」。日本将棋連盟が1975年に制定したものだ。これは江戸時代中期から御城将棋が11月17日(旧暦)に行われていたことにちなむ。

御城将棋とは、江戸時代に江戸城の御黒書院(おんくろしょいん)で、徳川将軍の御前で年に1回行われた対局のこと。17世紀から行われていたが、しばらくの間は対局日が年によってまちまちだった。八代将軍徳川吉宗の時代(1716年)になって、御城将棋の式日が11月17日と定められた。

(引用:日本将棋連盟コラムより)

幕府お抱えのプロ制度

なぜわざわざ将軍の前で将棋を指したかというと、江戸時代の将棋は、幕府お抱えのプロ制度でもあったのです。

1612年に画期的なことが起こった。江戸幕府が、宗桂と算砂らに俸禄を支給することを決定したのだ。

将棋が(囲碁も)幕府の公認となった、つまり国のお抱えとなったのである。これが将棋のプロ制度の始まりだ。

彼らは「将棋所」を自称し、1630年頃には将軍の御前で指す「御城将棋」が行われるようになった。

江戸時代の間、名人には世襲制で、大橋家、大橋分家、伊藤家のものだった。

要するに、名人位は必ずしも最強者を意味していなかったわけだ。

●引用:大川慎太郎氏著・「不屈の棋士」(P.16)

この「江戸幕府に俸禄を与えられた」初代大橋宗桂が一世名人であり、その系譜は幕府が崩壊しても、実力制に移行しても受け継がれいます。

明治時代以降は主に新聞社がスポンサーとなり、現在のビジネスモデルに近い形でプロ制度が確立されていきます。

余談:木村義雄十四世名人の命日

実は11月17日というのは、将棋界が実力制になった黎明期の第一人者・木村義雄十四世名人の命日でもあるのです。

しかも、亡くなったときの年齢が81歳で、将棋盤の升目の数と同じなのです(通称:盤寿)。

それだけ聞けば、将棋の日が制定された由来だと勘違いしそうですが、木村義雄十四世名人が亡くなったのは1986年のこと。

上述の通り、1975年の制定よりも後のことです。

-将棋