ネット中継将棋観戦記

第29期竜王戦第4局、渡辺明竜王が制して2勝2敗のタイに!

img_8467

(画像:竜王戦中継ブログより)

第29期竜王戦第4局を渡辺明竜王が制し、対戦成績を2勝2敗のタイに戻しました。

渡辺竜王は負けていれば防衛がかなり苦しくなるところでしたが、なんとか踏み止まりました。

封じ手:△1三角

0-29-4-1

大方の予想に反し、丸山九段の封じ手は△1三角でした。

自陣角は働かなかったときに悲惨なことになるので、余程の読みの裏付けと自信がなければ指せない手です。

先手はみすみす△4六角を食らうと困るので▲4八飛と受けますが、そのタイミングで後手が△6五歩とぶつけ、ようやく戦いが始まりました。

△1三角の意味は、6筋から攻める前に、先手の飛車を4筋に移動させて働きを悪くするものでした。

0-29-4-2

ただし、いかに巧妙な手順を仕組んでも、それが成立しているかどうかは別のお話。

直前まで5五にいた角に当てて▲5六銀と守ったのに対し、丸山九段は△7七角成と突撃します。

角を逃げてから△6五桂と攻めるのが常識的な手順ですが、それだと▲6六歩と受けられて固められるのを嫌ったのだと思いますが、先手の一番堅いところを駒損で攻めてるので普通は上手くいかないパターンです。

丸山九段はさっきの△6五歩とこの△7七角成にそれぞれ1時間36分ずつ持ち時間を使っており、もしかしたらどこか錯覚があったのかもしれません。

待望の反撃

0-29-4-2-2

それからしばらく「先手の受け vs 後手の攻め」という構図で局面が進みます。

どちらかが一手でも緩んだ方が即負けになりかねないギリギリの均衡の中、渡辺竜王の▲8九桂(73手目)が意表の受け。

この桂馬は本来、攻めに使いたいところなのですが、先手は△7七金~△5七飛成の寄せを食らうと脆いので仕方ありません。

小駒ばかりで攻めの拠点を作りづらい後手は△6五歩と打ちましたが、怯まずに▲5六金!と飛車取りに出たのが渡辺竜王らしい踏み込み。

飛車と金桂の二枚換えに持ち込んだ後、手に入れた飛車を敵陣に打ち込む▲6一飛が先手待望の反撃。

0-29-4-3

こうなると、それまでバランスのよかった後手陣がたちまち、薄い玉形が祟る展開になります。

しかし、先手の持ち駒は角2枚だけで、金駒はありません。

だからまだ余裕はあるはずと△6七歩成と成り捨てて、先手の応手を見て考えよう、そう丸山九段は思っていたことでしょう。

ところがどっこい、渡辺竜王はいきなり▲5一角!と打ちこみ、金駒もないのに寄せに出ます。

見事な収束

▲5一角と打ってまず気になるのは、「△5二玉と寄られたときに攻めきれるの?」ですが、それがまあ攻めが続くのです。

まず▲9一飛成と香車を取りつつ竜をつくり、△8二銀の受けには▲7四角がぴったりの王手。

0-29-4-4

この王手には6三に合い駒をする(△6三桂)しかありませんが、その合い駒を取られた(▲6三同角成)ときに取り返す駒もないのです。

△6三同玉では詰んでしまうので△6三同金しかありませんが、今度は▲8二竜を銀を取りつつ王手をできます。

さっきまで受け一方で、出番の無かった角2枚が存分に働いた格好で、あっという間に後手玉が寄り形になりました。

とはいえ、即詰みはないので、いったんは自陣に手を戻します。

0-29-4-5

こちらが終局図で、101手目▲6六銀までで渡辺明竜王が勝ちました。

先手玉に寄りは無く、後手玉は▲3二竜から▲2三金の並べ詰みがあり、受けても一手一手の寄りです。

-ネット中継将棋観戦記