三浦弘行 羽生善治

三浦弘行九段、復帰戦は無念の黒星

三浦弘行九段にとっての4ヶ月ぶりの公式戦、その復帰戦となる第30期竜王戦1組1回戦。

残念ながら羽生善治三冠を相手に屈し、白星リスタートとはいきませんでした。

対局中のコンピューターソフト不正使用を指摘された後、疑いが晴れた将棋の三浦弘行九段(43)が13日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた竜王戦1組ランキング戦で羽生善治3冠(46)に131手で敗れ、復帰戦を白星で飾ることはできなかった。

(引用:Yahoo!ニュースより)

勝った羽生三冠は2回戦で郷田真隆九段と戦い、そこで勝てば本戦トーナメント出場が近づきます。

負けた三浦九段は5位決定戦にまわり、その初戦は豊島将之七段と戦います(それでも負けたら2組へ降級・・・)。

両者に行われたボディーチェック

この対局にあたり、三浦九段の要望で、三浦九段にのみボディーチェックが行われることになっていました。

プロ棋士の三浦弘行九段(42)が13日の復帰戦に際して希望した身体検査について、日本将棋連盟は10日、正式に実施することを決めた。

対戦相手の羽生善治3冠(46)に対しては行わない。

コンピューターソフト不正使用疑惑が晴れたばかりの三浦は、自身に限ってのボディーチェックを連盟に訴えていた。

対局当日は金属探知機のほか、職員による持ち物チェックなどを非公開で行う。

(引用:スポニチより)

でもいざ当日になってみると、羽生善治三冠にもボディーチェックが行われていました。

連盟が羽生さんにボディーチェックを受けるよう求めたのではなく、羽生さん自ら申し出て行われています。

なざ羽生さんは受ける義務のないチェックを自ら受けたのか。

それは、いわば羽生さんの信念というか、矜持というか、とにかくそういうものによる。

「勝負は対等の条件で行わなくてはならない」

それを連盟に訴えるために、いつもより30分も早く家を出ていたことが、奥様のあひるtwitterで判明。

この正々堂々とした姿勢こそ第一人者に相応しいもので、惚れ惚れしてしまいます。

永世七冠をかけた戦い

本局は三浦九段の復帰戦ということに注目が行きがちですが、羽生さんにとっての竜王戦は、永世七冠をかけた戦いでもあるのです。

2010年に渡辺明竜王に挑戦して以来、実に6年間も足踏みをしている状態です。

七大タイトル全てで永世称号を獲得すれば、それこそ永久不滅の大偉業です。

いかなる棋士でも衰えがはっきりしてくる50歳を前に、全国の将棋ファンにその奇跡を見せてください。

-三浦弘行, 羽生善治