佐藤天彦 将棋の渡辺くん

実はぬいぐるみ好きだった佐藤天彦名人

2017/02/16

別冊少年マガジン2017年3月号「将棋の渡辺くん」にて、佐藤天彦名人の知られざる一面が明らかになりました。

天彦名人のこれまでに知られていた趣味はクラシック音楽とファッションですが、実はぬいぐるみも好きだったのです。

将棋界でぬいぐるみといえば、言わずと知れた渡辺明竜王。

渡辺竜王と天彦名人は学生時代からの盟友であり、今も親交が深い間柄として有名ですが、2人の気が合う理由はコレだったりして。

ぬいぐるみの数え方は「匹」

(画像:別冊少年マガジン2017年3月号「将棋の渡辺くん」より)

漫画のネタにするために、将棋連盟のフットサル部に取材に来た伊奈めぐみさん。

そのめぐみさんが「20匹くらい」の「匹」に反応しているのは、理由があります。

旦那の渡辺明竜王も無類のぬいぐるみ好きなのですが、こちらもぬいぐるみを「匹」と数えているのです。

(画像:将棋の渡辺くん 第2巻121ページより)

渡辺竜王はめぐみさんとの結婚前、「実家に犬がいるよ」と言っておきながら、その「犬」とは「ぬいぐるみの犬」のことを言っており、めぐみさんを絶句させたことがあります(*1巻17ページ)。

他にも、連盟からのアンケート(将棋年鑑に載せる)で「好きな動物は?」の問いに、大真面目に「犬のぬいぐるみ」と答えようとして、めぐみさんが大慌てで「犬」に変更させたという、そういうエピソードもありました(*1巻152ページ)。

*ちなみに渡辺竜王は犬アレルギーで、むしろ犬は嫌い。

どうやら、ぬいぐるみ愛好家の間ではぬいぐるみを「匹」と数えるものらしいのです。

つまり2人にとってぬいぐるみとは単なるおもちゃではなく、ペットとか家族とか、そういう存在なのです。

天彦名人のお気に入り

天彦名人がぬいぐるみ好きだということは、実は前々からヒントがありました。

ほぼ対局内容についてしかつぶやいてくれない天彦名人のtwitterのアイコンは、天彦名人お気に入りのぬいぐるみだったのです。

名前もつけているそうですが、それは「恥ずかしいから言えない」とのこと。

これが渡辺竜王なら何の躊躇いもなく言うはずで、このあたりは両者の感覚が違っていて面白い。

「さすが天彦、分かってるね」by 渡辺明

その他にも、天彦名人のぬいぐるみ観を、めぐみさんが根掘り葉掘り聞いてくれています。

取材後、その内容をめぐみさんが渡辺竜王に話すと、「さすが天彦、分かってるね」とひとこと。

ちなみに渡辺竜王が「分かってるね」と言った理由は、2巻の79ページについてのことです。

-佐藤天彦, 将棋の渡辺くん