加藤一二三

77歳の新入社員? ひふみんの壮大なエイプリルフール

将棋界の2017年度最初の日であり、現役名人がPonanzaに負けた日でもある4月1日。

佐藤天彦名人が戦っていた歴史的一戦の裏で、とあるひとりの棋士のtwitterから前代未聞のニュースが流れてきました。

そうです、ひふみんこと加藤一二三九段です。

前代未聞のなにかしらをやってのけそうな人は、この方以外にいません。

14歳で棋士になり、18歳でA級棋士になり、20歳で名人戦挑戦者になり、42歳で名人になった大棋士が、なんと77歳でサラリーマンになるというのです!

ひふみんがサラリーマン?

ネタばらし

というわけで、エイプリルフールが終わってしまわないうちにネタばらし。

この日は第2期電王戦第1局の生放送にゲスト出演し、いつも通りのマシンガントークで視聴者を賑わせていました。

途中、視聴者と糸谷哲郎八段(解説役)が局面を指し継いで対局する新企画があったのですが、見事にひふみんが視聴者にとって代わって主役になっていました。

それにしても、freeeという会社と手を組んで、手の込んだ芝居までやってと本格的。

Twitterのコメントを読むと、ひふみんの入社を本当だと思っていた人が続出していました。

嘘といっても全力でついている嘘だし、何よりひふみんならこのくらいのことはやってくれそうだから、騙されるのは無理もありません。

-加藤一二三