加藤一二三

駒落ち将棋でも絶対に手を緩めないひふみん

2017/04/09

ひふみんこと加藤一二三九段はその知名度と実績から、著名人との駒落ち将棋を指すことが多いです。

ニコ生の企画「第零期獅子王戦」でひふみんは、映画「3月のライオン」で神木隆之介さん(桐山零役)と尾上さん(松本一砂役)の2人と、2枚落ちで手合わせして見事勝利しました。

昨年は幕張メッセで行われた闘会議2016にて、乃木坂46の(アンダーメンバーの)伊藤かりんさんとも4枚落ちで指し、勝利しています(→ 将棋世界 2016年4月号 P.171を参照)。

素人相手でも闘志全開で戦う


ひふみんは、駒落ち将棋の上手を持って強い棋士のひとりです。

なぜ強いかというと、誰が相手でもどんな状況でも、全力で勝ちに行くからです。

「今の若手は駒落ちの上手を持つと簡単に負けるでしょ。下手に花を持たせるというのかな。あれが私には信じられない。上手も全力で立ち向かう。その方が下手のためにもなると思うんだ。 私は二枚落ちでも全力で指しますよ」

2、3年前、タイトル戦の立会人として来ていた加藤から聞いた言葉だ。70歳を過ぎても下手に対して闘志むき出しで立ち向かう。こんな棋士も他にいないだろう。

(引用:将棋世界Special Vol.4「加藤一二三」 P.99~100より)

上記のようなイベントの、ゲスト相手といえども手を緩めて、花を持たせるようなことは絶対にしません。

ゲストに勝たせた方がイベントは盛り上がりそうなものですが、どんな相手でも全力で戦い抜くのがひふみんの流儀なのです。

駒落ちでも攻め倒す

ひふみんの上手の指し方は、下手に攻めさせて、なんだかんだとごまかして逆転する上手芸ではありません。

元々戦力で劣りながらも、積極的に駒をぶつけて攻めていきます。

貫録ある巨体、着手の際の一際大きい駒音。

数々の大勝負を制してきた歴戦の名棋士に、闘志全開で向かって来られたら、素人が気迫負けするのは無理もありません。

77歳になってなお将棋への情熱を失わない、ひふみんの棋士としての矜持が垣間見れるエピソードといえます。

-加藤一二三