藤井聡太

藤井聡太四段がデビュー13連勝! 羽生善治三冠も認める異次元の強さ!

NHK杯本戦1回戦で藤井聡太四段が千田翔太六段を破り、プロデビュー以来の連勝をさらに13に伸ばしました

もうこのまま、将棋界の連勝記録である28連勝すらも軽く塗り替えてしまうんじゃないだろうか。

千田翔太六段までも破る

これまでの対局相手は予選のため、実力的には下位の棋士が多かったですが、千田翔太六段は2016年度の棋王戦挑戦者。

第2期叡王戦でも準優勝し、最多対局賞(65局)と最多勝利賞(48勝)まで獲得した、ハッキリ言ってすでにトップ棋士のひとり。

AbemaTVの非公式戦でも佐藤康光九段に完勝(4/16)して、もはや強さが異次元の領域に達しつつあります。

なお本局は、対局日が4月17日(月)で、テレビでの放映日は5月14日(日)です。

羽生善治三冠「すごいことをやってのけた」

―序盤、中盤の実力についてどう見ていますか

藤井さんの指し手には現代的なスピード感がありますね。チャンスと見れば躊躇せず踏み込んできます。また序盤が体系化されてきていている現代将棋において、重要なポイントをしっかりと押さえているという印象です。

―プロデビューから公式戦12連勝の新記録を達成しました

すごい記録ですよね。私も藤井さんの将棋を見ていますが、危なっかしい局面がほとんどないんですよ。私が見た中では11戦目の小林裕士さんとの将棋で一瞬だけ危ないと感じるところがあったくらいで…。それも本当に一瞬だけなんです。いつもほとんど完ぺきと言える内容の将棋を指しているように思います。

(引用:将棋・羽生善治三冠 中学生棋士・藤井聡太四段の新記録に「すごいことをやってのけた」より)

あまりの強さに、羽生善治三冠も藤井四段の強さを認めています。

このインタビューは12連勝の時点でのものですが、今となってはそれくらい誤差みたいなものです。

関連記事

-藤井聡太