藤井聡太

【炎の七番勝負】 スター誕生! 藤井聡太四段が羽生善治三冠に快勝! 【第7局】

2017/04/24

AbemaTVのオリジナル企画「藤井聡太 炎の七番勝負」最後の第7局。

なんと藤井聡太四段が、ラスボス・羽生善治三冠に見事勝利しました!

通算成績も6勝1敗で、洗礼を浴びるどころか、「藤井聡太」の名と実力を天下に知らしめた名勝負となりました。

公式戦でもデビュー戦以来、未だ不敗の13連勝中。

弱冠14歳の少年が、スターへの道を着々と歩み続けています。

 14歳の天才少年 vs 将棋界の第一人者

本局でも藤井四段の先手で、これで全7局中6局で先手番を引く強運も見せつけました。

後手の羽生三冠は2手目△8四歩と指し、「相手の得意形を避けない」将棋界の第一人者の伝統で迎え撃ちます。

戦型は角換わりの、昨今話題の4五桂を早めに仕掛けるあの将棋

最近ではこの仕掛けで糸谷哲郎八段が佐藤康光九段を攻め倒して、棋聖戦挑戦者決定戦に勝ち進んでいます。

渡辺明竜王いわく「ソフトの評価値+500点の仕掛け」ですが、駒損の攻めなので渡辺竜王ですら抵抗感があるそうです。

角桂を代償に金を取って飛車を8筋に転回し、後手が8二歩と受ける。

駒損に代わる先手の主張は後手の歩切れですが、本譜はこの8筋の歩の存在が祟る変化が随所に現れました。

羽生善治三冠を攻め倒して快勝!

一息ついた後は、お互いに布陣を整え、金銀を中段に繰り変えて先手が再び戦闘開始。

以降、藤井四段が順当に押し切った形で、駒損などどこへやら、むしろ後手陣の2枚の生角と金駒の少なさが響いた展開です。

羽生三冠は最後の最後で詰めろ逃れの詰めろをひねり出すのが精いっぱいでした。

でも「詰めろ逃れの詰めろ」とはいっても、すぐに解除される程度の抵抗でしかなく、羽生マジックは不発。

藤井四段の持ち駒の歩がピッタリなあたりも含めて、その比類なき才能を感じさせる将棋でした。

通算対戦成績:6勝1敗

勝敗 対局相手 リンク
第1局 増田 康宏四段 棋譜
第2局 永瀬 拓矢六段 棋譜
第3局 斎藤慎太郎六段 棋譜
第4局 中村 太一六段 棋譜
第5局 深浦 康市九段 棋譜
第6局 佐藤 康光九段 棋譜
第7局 羽生 善治三冠 棋譜

-藤井聡太