加藤一二三

加藤一二三九段の引退が決定 最後まで加藤流を貫いた一局

2017/06/21

第30期竜王戦6組昇級者決定戦で加藤一二三九段が高野智史四段に敗れ、ついに公式戦から引退のときが訪れてしまいました。

  • 獲得タイトル:名人1期含む通算8期(歴代9位タイ)
  • 通算対局数:2505局(歴代1位)
  • 通算勝数:1324勝(歴代3位)
  • 通算負数:1180敗(歴代1位)

盤上盤外ともに数々の伝説を残した将棋史に名を残す大天才が、本日を以て棋士生活に終わりを告げます。

自分の信じる将棋を貫く

(画像:77歳・加藤一二三九段、引退決まる…高野四段に敗れ63年間の現役生活にピリオドより)

公式戦最終局となった本局は、後手の高野四段が加藤九段の十八番たる相矢倉、それも昔からある定跡形で受けて立ちました。

後手からの急戦策が流行する昨今、矢倉の定跡形は数が減っているらしく、直近10局のうち8局が加藤九段の先手を持った将棋(モバイル中継:28手目コメントより)。

流行よりも「自分が良いと信じる指し方」を貫く、加藤流の信念を感じます

昨年12月の藤井聡太四段のプロデビュー局と同じ進行を辿り、お互いに我が道を行く激しい攻め合いとなりました。

しかしリードを奪ったのは、先行した高野四段。

加藤九段のお株を奪う「重戦車」の攻めを決め、加藤九段の反撃を巧みに受け流し、着実に形勢の差を拡げていきました。

盤外でも最後まで自分のスタイルを貫く

本局は、将棋の内容以外でも加藤流を垣間見た一局でした。

まず、対局室に入った加藤九段は、用意されていたモスグリーンの座布団を、青の座布団に交換。

加藤九段にとってモスグリーンは「闘志の薄れる色」であり、引退のかかった将棋でそれを妥協するはずはありません。

最近注目の将棋めし、加藤九段の昼食はもちろん、もはや代名詞ともいえる鰻重。

夕方にはチーズをペロッと平らげ、夕食にはなんと「カキフライ定食鶏のからあげ定食」を注文!

しかしカキフライ定食は冬季限定メニューらしく、最終的には「てんぷら定食と冷やしトマト」に落ち着きました(モバイル中継:76手目コメントより)。

将棋への情熱だけでなく、食欲も未だ衰えていないことを見せつけ、逆転の望みをかけてしばしの休息を迎えます。

最後の瞬間

(画像:加藤一二三・九段が引退、「神武以来の天才」より)

しかし逃げ道の広い後手玉と、左右挟撃の攻めを食らった先手玉では逆転のアヤは少なく、ついに加藤玉が詰み筋に入ってしまいます。

終局直前、加藤九段は負けを覚悟したのか、96手目△2八飛と王手された局面で、しばしの間席を外しています。

着手が19時48分、退席したのが19時51分、そして戻ってきたのが20時9分。

そして合い駒をし、観戦記者に今日は感想戦をしないことを告げ、98手目△3六桂と打たれた局面でついに投了となりました。

この瞬間を以て、加藤一二三九段の引退が決定しました

本局にも大勢の報道陣が詰めかけていましたが、投了するやすぐに席を立ち、無言のまま退席。

すぐにタクシーに乗って帰途についたとのことなので、おそらく投了直前の退席時に手配していたのだと思われます。

77歳になってなお衰えぬ情熱を持ちながら、規定によってもう公式戦を指せなくなる無念さ、その胸中は察するに余りあります。

Twitterで述べた「感謝の言葉」

報道陣に対しては無言を貫いた加藤九段でしたが、心の整理がついたのか、終局後にご自身のTwitterを更新して下さっています。

いいえ、感謝いなければいけないのは、我々将棋ファンの方です。

加藤一二三九段、63年もの長き間、素晴らしい将棋を魅せていただいて、本当にありがとうございました。

これからも盤外での活躍を心より願っております。

-加藤一二三