増田康宏

藤井聡太四段に次ぐ現役年少棋士・増田康宏四段

2017/06/23

増田康宏四段が第47期新人王戦決勝三番勝負に進出し、第1局を制して新人王に王手をかけました。

追記(2016/10/11):第2局も制し、第47期新人王に輝きました!

増田四段は今年11月で19歳の十代棋士。

彼もまた、かつては5人目の中学生棋士の期待がかかっていた、早熟の天才です。

堂々たる勝ちっぷり

yasuhiro

(画像:新人王戦中継ブログより引用)

増田康宏四段は16歳11カ月で、2014年10月1日付で四段になりました。

つい最近まで現役最年少棋士でしたが、14歳2ヶ月の最年少棋士が誕生したことで、増田四段は最年少棋士ではなくなりました。

今年で棋士3年目、2016年10月2日までの成績を表にまとめました。

年度 年齢 対局数 勝数 負数 勝率
2014 17 8 5 3 0.6250
2015 18 47 35 12 0.7447
2016 19 20 20 8 0.7143
通算 83 60 23 0.7229

2015年度は対局数10位タイ、勝数7位タイ、勝率3位、連勝4位タイ(11連勝)という堂々たる勝ちっぷり(参照:日本将棋連盟)。

スターの素質

第74期C級2組順位戦では初参加ながら昇級戦線に加わり、8勝2敗の成績でしたが順位が悪く昇級は逃しました。

同年度の加古川清流戦では決勝まで勝ち進みましたが、そこで稲葉聡アマに敗れ、史上初のアマチュア選手による棋戦優勝を許してしまいました。

しかし、こういう歴史的な舞台に立ち会うのは、スターの素質アリの証拠。

デビュー前から認められていた才能

増田四段は修行時代は羽生善治三冠と同じく、「八王子将棋クラブ」で腕を磨きました。

「八王子将棋クラブ」の席主の八木下氏が、当時奨励会三段だった増田四段について言及しています。

八木下 「阿久津君は生意気そうな顔をしていましたね(笑)。中村太一君は物静かな少年だった。最近では奨励会三段の増田康宏君(森下九段門)が大物の顔をしている。将棋を指す前からすごいと思った」

●引用:将棋世界Special Vol.2 「羽生善治」

さらに、増田四段の師匠である森下卓九段の評。

(略)森下さんにも増田康宏三段という超有望株のお弟子さんがいる。

では、佐々木君や増田君は羽生さんの後を継ぐ棋士になれますか?

森下 死ぬ気でやれば可能性はある。だが、羽生さんほどの魂を持って死ぬ気でやらないと厳しい。

谷川さん(浩司九段)は小学校1年でアマ7級だった。それが佐々木勇気君は小学校1年でアマ四段になり、他にも小学校1年でアマ三段クラスはごろごろいる。

だから彼らには才能はある、環境はある。でも、死ぬ気でやる根性があるかどうか。

それがなければ羽生さんを超えるのは大変です。

●引用:将棋世界 2012年 10月号

デビュー前からその名前が出るのは、才能を認められている証拠です。

今年の新人王戦で逆転負けするようなことがなければ、この方もゆくゆくは将来の将棋界を背負う存在になれるでしょう。

あと2~3年のうちにタイトル戦に出場するようなら、ますます本物です。

-増田康宏