第58期王位戦七番勝負

菅井竜也七段、タイトル戦の初陣を制す 【第58期王位戦第1局】

2017/09/17

第58期王位戦第1局は、挑戦者の菅井竜也七段が羽生善治王位を下して先勝しました。

菅井七段にとっては初めてのタイトル戦でしたが、震えることなく戦い抜きました。

早指しなのも相変わらずで、菅井七段は持ち時間を1時間以上残しての終局でした。

相穴熊からの玉頭戦

(画像:王位戦中継ブログより)

先手を持った羽生王位に対し、後手の菅井七段は得意の角交換振り飛車で対抗します。

お互いに生角を自陣に打ち合う力戦調の序盤になり、スローペースのまま1日目が終わります。

2日目も、長い小競り合いの末に再び駒組み合戦に戻り、お互い穴熊に組み替えた後に、そこから玉頭戦になるというまさかの展開に進みました。

後手の8筋の歩が早い段階で先手に取られており、その弱点を羽生王位が咎める方針で指し進めていました。

盲点の好手から菅井七段が勝ち切る

勝負を分けたのは、銀取りに突き出した▲6五歩の返し技として放たれた、92手目△8五歩。

先手の金銀2枚が利いていて、後手の駒が1枚も利いていないうえに角の真上という場所に打つのが盲点の好手。

銀を取り合って、さっきまで先手が握っていた玉頭の主導権が消えてしまいました。

この後は菅井七段の独断場で、羽生王位といえど逆転の余地はありませんでした。

歩を細かく使って穴熊を弱体化させ、空いたスペースに左金を潜り込ませ、それを寄せの拠点に先手の穴熊を雁字搦めにして、粘りを許さずに勝ち切りました。

第2局は7月25、26日

幸先よく先勝を決め、悲願の初タイトル獲得に向けて一歩前進した菅井七段。

デビュー当初から若手のホープとして期待され続けてきましたが、ついにその才能が開花するときが来たのかもしれません。

関連記事ついにタイトル戦登場! 菅井竜也七段の飛躍

第2局は7月25日(火)、26日(水)にかけて行われます。

-第58期王位戦七番勝負