ネット中継将棋観戦記(藤井聡太四段)

藤井聡太四段が宮本広志五段に勝ち、朝日杯二次予選に進出!

2017/10/10

10月6日(金)、藤井聡太四段が第11回朝日杯将棋オープン戦一次予選で宮本広志五段に勝ちました!

関連記事藤井聡太四段 vs 宮本広志五段 朝日杯二次予選進出を懸けた対局

この勝利により、藤井四段の朝日杯二次予選進出が決定しました。

その二次予選でもあと2回勝てば、決勝トーナメントにも進出できます。

「完勝」としか言いようのない将棋


藤井四段の居飛車に、宮本五段はゴキゲン中飛車に振り、予想通り対抗型に進みました。

お互いおおむねオーソドックスな応酬が続いたように思いますが、気がつけば藤井四段が2枚の銀で後手陣を抑え込み、指しやすくなります。

早々にリードを奪ってしまえば、あとは藤井四段の独壇場で、後手の反撃にも怯まずに、一直線に寄せに行きます。

本譜は以下、▲6二竜△8二角▲8一金△8五桂▲9一金までで宮本五段が投了。

飛車か金を渡せば先手玉は詰むという状況でも、飛車を押し売りし、とどめに金をゴリ押しして後手玉は受け無し。

もう少し安全に寄せても勝てそうなところでも、最速の手順で勝ちに行くのが素晴らしい。

全く危なげのない内容での完勝で、もう「完勝でした」としか言いようがない、見事な将棋でした。

まだまだ続く先手番不敗神話

関連記事藤井聡太四段は最高勝率記録をも塗り替えられるか?

本局の勝利により、藤井四段の2017年度成績は33勝6敗になりました。

6敗目を喫した時点(29勝)では8割2分9厘だった勝率も、本局の勝利により8割4分6厘まで回復しています。

しかも本局は藤井四段の先手番だったので、先手番不敗神話はいまだ継続中です。

-ネット中継将棋観戦記(藤井聡太四段)