羽生善治

羽生善治竜王がタイトル通算100期を達成する最も美しいシナリオ

2018/08/09

2017年度開始時、羽生善治竜王は棋聖・王位・王座の三冠を保持していました。

通算獲得タイトル数は97期を数え、それらのタイトルを防衛できれば、それでぴったり100期に到達...そういう状況でした。

第88期棋聖戦では、タイトル戦初登場の斎藤慎太郎七段を3勝1敗で下し、これで98期。

関連記事:羽生善治三冠、タイトル通算100期へのカウントダウン

気鋭の若手を特に問題にせず、このまま王位と王座も防衛するのだろう...と思いきや、ここから意外な流れへ向かいます。

まさかの王位&王座連続失冠

夏から始まった第58期王位戦では、これまたタイトル戦初登場の菅井竜也七段を相手に1勝4敗で失冠。

関連記事:25歳のタイトル保持者・菅井竜也王位

菅井七段の独創的な振り飛車を前に、有効な対策を打ち出せずに敗退しました。

さらに秋には第66期王座戦で、これまでにタイトル戦ですでに2度退けている中村太地六段(当時)を相手に1勝3敗で失冠。

関連記事:5年越しの悲願成る! 中村太地新王座誕生!

2004年以来、実に13年振りに一冠のみに後退し、タイトルも98期で足踏み状態でした。

永世七冠そして通算99期

(画像:棋王戦中継ブログより)

しかし、7期振りに挑戦者となった第30期竜王戦では、渡辺明竜王を4勝1敗で下して永世七冠を達成!

同時に、通算獲得タイトル数を99期に伸ばしました。

こうしてタイトル100期に王手をかけた羽生竜王ですが、これまでの流れを見ると、100期を達成する最も美しいシナリオが浮かび上がります。

それは、2018年度の開幕と同時に始まる第76期名人戦で、佐藤天彦名人から名人位を獲り返すことです(今年度のタイトル戦はすでに全て終えており、達成は来年度以降に持ち越しが確定しています)。

佐藤天彦名人から名人位を獲り返しての「タイトル100期」へ!

(画像:スペシャル対談 渡辺明竜王×佐藤天彦名人「将棋新時代はボクたちが作る」より)

羽生竜王は、2016年の名人戦で佐藤天彦八段(当時)の挑戦を受け、1勝4敗で失冠しています。

渡辺明棋王と佐藤天彦名人は、お互いが10代の頃からその才能を認め合ってきた盟友同士であり、羽生世代よりも一回り以上年下の世代の中では、頭一つ抜け出た棋士の双璧です。

これまで2度にわたって永世七冠を阻止された渡辺明竜王から、9年越しの奪取に成功して永世七冠と99期。

そして佐藤天彦名人からは、2年前に明け渡した名人位を獲り返して100期到達、というのがミソで、前人未到の大記録達成の敵役として相応しい2人といえます。

第76期名人戦に出られるかは分からない

しかし、このシナリオが実現するうえでの一番の問題があります。

それは羽生竜王が、そもそもA級で優勝できるかどうか、ちょっと怪しいことです。

今期のA級順位戦は、8回戦を終え、羽生竜王は5勝3敗で現在3番手につけています。

永世七冠達成後の初対局が、稲葉陽八段とのA級8回戦だったのですが、研究にハマったような形で負けたのが痛かった。

関連記事:羽生善治竜王、永世七冠達成後の初対局でA級3敗目を喫する

5勝2敗で同率首位に立つ、久保利明王将と豊島将之八段とは、1敗差がついています。

そのため、この2人に最低でも1回ずつ負けていただかないことには、挑戦者にはなれないのです。

ですが考えようによっては、これだけ不利な状況から逆転で挑戦者になって名人奪取に至れば、さらにドラマチックな偉業達成になる、ともいえます。

追記:名人復位そしてタイトル通算100期を達成できなかった羽生善治竜王

-羽生善治