女流棋士

香川愛生女流三段の愛称が「番長」になったきっかけ

2016/10/31

bcc6f0c0

(画像:女流王座戦中継ブログより引用)

現在、女流王将戦に挑戦中の香川愛生女流王将(1局目を落とし、カド番に追い込まれてしまいました)。

女流棋界屈指の人気・実力をともに兼ね備える香川さんですが、ファンからの愛称はなんと「番長」です。

なお、先日引退した横浜の番長は無関係です。

きっかけはニコニコ生放送

なぜ、その端麗な容姿に反し、昭和の遺物のような愛称がついてしまったのでしょうか?

そのきっかけは、かつて出演したニコニコ生放送での出来事がきっかけでした。

香川 きっかけは(動画配信サービス「ニコニコ動画」の)ニコニコ生放送なんです。最近、将棋番組が増えていて、2年前に出演したんですね。そのとき、視聴者アンケートで、なぜかその愛称が選ばれてしまって…。衝撃的でした。

--アンケートで?

香川 アンケートは4択で、中には「マナちゃん」とか、かわいらしいのもあったんですよ。なのに選ばれたのは「番長」。

--選択肢に入るからには何か由来でもあったのですか

香川 昔から勝ち気で男の子相手でも強気でした。将棋の先輩から「番長」と呼ばれた時期もありました。で、そのことを、あらかじめ番組の共演者の方に話してしまったんです、うっかりと。

--うっかり?

香川 はい。それで、その方が愛称の候補の中にすっとしのばせて。それがすべての始まりでした。やられた! という感じでしたね。

(引用:強気な性格のせい?愛称はなぜか「番長」 女流三段、香川愛生さん

「マナちゃん」なんてベタなニックネームが、ニコ生でつくわけがない。

香川さんの棋風を一言で言うと「ものすごい攻め将棋」なので、それと相まってピッタリの愛称ですよね。

そのうち、将棋界からだけでなく、将棋とは無縁の大学の同級生にまで言われ始めたそうです。

2年前(昨年のインタビュー)といえば、里見香奈女流王将(当時)を相手に女流王将を奪取した年 。

変な愛称まで広まったのは、知名度があがった証拠ですね。

-女流棋士