その他の棋士

ハッシーこと橋本崇載八段のぶっちゃけインタビュー

2016/10/18

83278e8d-s

(画像:「KAI-YOU.net」より引用)

橋本崇載八段、通称「ハッシー」の愛称でファンからの人気が高い将棋棋士。

将棋漫画の監修を務めたり、芸能事務所に所属してバラエティ番組に出演したり、将棋バーを経営したり、盤上だけでなく盤外でも活躍しています。

そのハッシーが昨年に受けた、あるインタビューがあります。

→【プロ棋士 橋本崇載のゲンエキインタビュー「スーファミが家にあったら将棋はやってなかった」

インタビューでは、将棋をはじめたきっかけやプロとしての存在意義についてなど、かなりぶっちゃけた内容を語っています。

将棋をはじめたきっかけ

僕の家庭はなかなかスーファミ(※正式名:スーパーファミコン)を買ってもらえなかったので、友達の家でやるしかなくて……。

スーファミが家にあったらたぶん将棋をやっていなかったです(笑)。

棋士になろうと思ったきっかけ

あまりプロになりたいという思いはなかったんです。

小学校5年生でもうアマチュア四、五段くらいはあったので、周りの人もプロ入りを勧めてきたのですが、僕の気持ちとしては「とにかく勉強しないで済むんだったら……」という感じでした。

自身の棋士としての実力について

僕自身、プロとしては中の上くらいで大したことないと思っています。

もちろん1年もしくは2年くらい、上のランクに入ったことありますから、仮に野球選手だったら何億とかもらえると思いますが、将棋のプロではそのようにはいかないです。

そして40歳くらいからプロとして下り坂が始まり、50歳になったら全く勝てなくなり、あとは自分の子供くらいの世代を引き立たせるだけの、単なる踏み台になってしまう……といったこともありうる世界なので。

棋士生活の中の葛藤

プロになるための修行をしている時期というのは、情熱があるから一つのことに専念できるんですが、プロになってちょっと小金が入って遊びを覚えたりすると、なんかもう毎日ひたすら将棋ばかりやっているのが正しいかどうかわからなくなるんです。

以上、ぼくが読んだ中で印象的だった言葉を一部抜粋しました。

ハッシーといえば、対局後にカメラ目線にしたり、奇抜な髪形や服装にしたりが有名ですが、このインタビューでは印象が違います。

盤外のパフォーマンスに力を入れる姿とはまた別の一面を垣間見れる、ハッシーのインタビューでした。

-その他の棋士