ネット中継将棋観戦記(藤井聡太七段)

世紀の一戦! 藤井聡太七段 vs 里見香奈女流四冠 【後編】

2018/08/29

世紀の一戦! 藤井聡太七段 vs 里見香奈女流四冠 【前編】

自然な指し手を積み重ねる里見香奈女流四冠に対し、苦心の手が続いて持ち時間も不利な藤井聡太七段。

天王山で捌きあった後、▲6六角と引いた手に対し、先手十分の形勢。

なんとか活路を見出したい藤井七段は、残り少ない持ち時間を使い切り、ゴスン!と△5七銀と打ち込みました。

急転直下の逆転劇

井手四段はこの手を見て、「これで振り飛車が負けるとは思えない」と評しました。

そして▲8四角と逃げる手を解説していましたが、里見女流四冠は強く▲4五歩と突き、以下△6六銀成▲4四歩△同歩と進みました。

本局の内容を当記事で初めて知る方は少ないとは思いますが、もしそうであれば驚くなかれ!

この数手の応酬で、形勢の針が一気に後手に傾いたどころか、後手勝ちと言っても過言ではないくらいの局面になっています。

一歩千金!の△1八歩

この次の先手の指し手は、ひとまず▲6六歩と成銀をとる以外にありませんが、そこですかさず△1八歩!が指され、後手の勝ち筋に入りました。

この歩は▲同香と取るよりありませんが、続く△4九飛が、金取りと△1九角の両方を見据えた厳しい一手。

角打ちが見るからに痛いのですが、後手玉がまだ安泰なので、金をポロッと取られるようでは勝ち目がなくなります。

なので先手は▲5八銀打と抵抗しますが、頑強な受けに見えて実はそうでもないのです。

鋭手一閃の飛車切り!

さっき歩を叩いて空けたスペースに打つ△1九角からの△2九飛成で、先手玉は見るからに寄り筋です。

先手は▲2五銀と打って△1五香を防ぎますが、ここで鋭手一閃の飛車切り(△5八飛成)が炸裂!

さっき打った銀を取られ、その銀を2八から王手で打たれ、先手玉はほぼ受け無しです。

明暗を分けた1枚の歩の重要性

先程の応酬(△5七銀~△1八歩)はとどのつまり、銀2枚(先手)と角&歩(後手)を交換した勘定になり、常識的には先手が有利なはずです。

しかし本局に限っては、後手に一歩が入ることが物凄く重要であり、それを見抜いていたかが勝敗をわけました。

おそらく藤井七段は▲4五歩と突かれたときにそれを見抜き、里見女流四冠は△4四同歩と取り返されたときに気付いたのでしょう。

里見女流四冠は、本来終盤で使うハズだった時間を投入し、逆転への道を探りますが、おそらくこのときに、自身の負けを悟ったことでしょう。

かたや藤井七段は、序盤とはうってかわって余裕綽々。

「すでに勝ちを読み切っていますよ」と言わんばかりの雰囲気が、左下の小さいワイプ画面からでも、ありありと伝わってきました。

激辛流の収束

里見女流四冠は秒読みに入るまで時間を使い、角の王手を入れてから飛車を打って後手の竜を消しますが、その着手に力が入ってないのは明らかでした。

そして飛車交換をしたあとは、後手がどうやって勝つか、という局面になるのですが、藤井七段が選択したのは、激辛流の△5三金!

しかもこの金は、藤井七段が序盤で苦戦する要因となった6二金であり、それを最後に働かせてとどめを刺しています。

もっとも先手玉は、後手の持ち駒に角が加われば簡単に詰むし、しかもこの角は逃げ場がありません。

だから理に適った一手なのですが、それでもやっぱり辛いものは辛い。

歴史的交錯! 藤井聡太七段 vs 里見香奈女流四冠

-ネット中継将棋観戦記(藤井聡太七段)