対局アプリ

将棋ウォーズの魅力について語ります

2016/12/06

 

ed6ac3d8

しばらく将棋を指すことがめっきり減っていましたが、最近また将棋熱が戻ってきたので、ぼくが愛用している将棋ウォーズの魅力について語ります。

将棋ウォーズは、日本将棋連盟公認の対局アプリで、1日3局まで無料で指すことができるありがたいアプリです。

まだ登録していない人は、これを機に登録してみてください。

ただし、ハマり過ぎには注意!

*以下、この記事は今年5月くらいの経験談です。

これまで将棋ウォーズに登録しなかった理由

正直、今まで将棋ウォーズのことを侮っていました。

ぼくは、これまで将棋倶楽部24の方をメインに使ってきました。

将棋ウォーズも将棋倶楽部24も、システムに多少の差異はあれど、どちらも「オンライン上で将棋を指したいユーザー同士をマッチングさせる」サービスであることは共通しています。

なので、「今まで使ってきた将棋倶楽部24で十分事足りる」と思って、将棋ウォーズには長らく登録しませんでした。

しかし、今年の5月頃、なぜか心境の変化が訪れました。

「1日3局までなら無料で指せるから、一度やってみてつまらなかったらもう指さなきゃいいや」 くらいの軽い気持ちでアカウントをつくりました。

そうしていざ指してみると、楽しいのなんのって!

サクサク指せるからいいんだよ

5a7ef939

(*)将棋の渡辺くん(1)

渡辺明竜王もおっしゃているように、サクサク指せるのがいいですね。

「外出中に時間が出来ても、わざわざ将棋は指さないよ」と思っていたのが、今ではわざわざ時間の方を見つけて指しています。

将棋ウォーズの最大のセールスポイントは、この「サクサク指せる」点に尽きると思う。

将棋倶楽部24の方には「切れ負け」のシステムが無いから、1手30秒で指しても将棋によってはべらぼうな時間がかかることもあり得ます。

将棋ウォーズを実際にやってみるまでは、この「サクサク指せる」ことの価値が盲点になっていました。

そして、戦型が確定したときや、決着がついたときに出るエフェクトが妙に癖になる。

これは完全無料で指せる将棋クエストとの差異ですね。

将棋クエストはシンプルすぎて、ちょっと物足りない感じがします。

将棋ウォーズがメインに使い分け

今ではもう24で指すことはめっきり減り、完全に将棋ウォーズをメインに使っています。

あえて課金せず、1日3局までしか指せないようにして、指し過ぎないよう自制しています。

基本はサクサク指せるウォーズで指し、どうしても物足りなければ将棋クエスト。

さらに、じっくり指したいときはPCを立ち上げて24で、というふうに使い分けています。

-対局アプリ