ネット中継将棋観戦記

【竜王戦第4局】広瀬章人八段、逆転勝ちで2勝2敗のタイに持ち込む!

2018/11/26

羽生善治竜王の2勝1敗で迎えた、第31期竜王戦七番勝負第4局。

本局の先手番は、挑戦者の広瀬章人八段。

羽生竜王が勝てば防衛に王手をかけ、広瀬八段が勝てばタイに戻せる、重要な一戦。

ここまで3局全て角換わりの本シリーズ。

関連記事:ここまで全局角換わり! 攻める羽生善治竜王、受ける広瀬章人八段

やはりというべきか、本局も戦型は、4度目の角換わりになりました。

天王山に放たれた妙手△5五銀

本局の見どころは、序盤からも色々あります。

互いに3手損してから開戦(中継ブログ)したとか、先手玉の体当たりの受け(中継ブログの図の次手▲5七玉)とか。

ですが、まずとりあげるべきはやはり羽生竜王の△5五銀でしょう!

先手の攻め(▲4四銀不成から3五で精算しての飛車成り)を受けながら、次に△5六歩と攻める含みを見せた、攻防の銀打ち。

天王山に放たれた、いかにも羽生竜王らしい妙手!

この直前まで、先手が順調に攻めていけそうな雰囲気だったのですが、この一手で攻守が逆転。

それから十数手進んで、102手目△8六桂の局面で、中継ブログでは「終局近し」の声もあり、羽生竜王がこのまま寄せ切りそうな雰囲気でした。

ところが広瀬八段が105手目▲8四桂と打って飛車の縦利きを遮ったのが意外にしぶとく、今思えば、このあたりから徐々に差が詰まっていきました。

流れを引き寄せた飛車打ち、勝利を引き寄せた飛車成り

羽生竜王の攻めが一段落したタイミングで、広瀬八段は▲7二飛と打ちました。

おそらく羽生竜王が軽視していた手ですが、この手のを境に流れが先手に傾いていきます。

金取りを受けながら王手飛車を狙う△5四角という手があるのですが、これには▲7五飛成と引きつける手があります。

この数手後に、飛車を7三に成った手が、広瀬八段の逆転勝ちを引き寄せました。

後手の飛車を責めながら後手玉の寄せ(▲4四銀成)にも利いている、攻防の絶好手。

先手玉に寄りはなく、後手玉には入玉の望みも無し。

▲7三飛成以下、幾許もなく羽生竜王が投了し、局後に「終盤で攻め急いでしまった」ことを悔やみました(中継ブログより)。

...それにしても、この将棋を逆転できるとは、広瀬八段の終盤力たるや!

第5局の勝者が防衛or奪取に先に王手をかける!

第3局に続いて、見事な逆転勝利で第4局を制した広瀬八段が、スコアを2勝2敗のタイに戻しました。

勝った方が先に王手をかける第5局は、12月4~5日に行われます。

第5~7局は、7~10日くらいの割と短い間隔でスケジュールが進みます。

どちらが勝つにしても、いよいよ決着のときが近づいてきました。

関連記事:羽生善治竜王の『100期 or 無冠』が懸かる平成最後の竜王戦

-ネット中継将棋観戦記