ネット中継将棋観戦記(藤井聡太七段)

藤井聡太七段が2018年最後の対局を白星で飾る!

渡辺明棋王に広瀬章人竜王が挑戦する第44期棋王戦五番勝負。

...は、まだ始まってもいません(来年2月から開幕)が、来期の挑戦者を決めるための戦いはすでに始まっています。

藤井聡太七段の第45期棋王戦予選の初陣は、村田顕弘六段に勝利!

この対局が藤井七段にとって、2018年最後の対局でもありました。

昨年(2017年最後の対局)に続いて、1年の締めくくりを白星で飾っています。

藤井将棋に「無難」の概念は無し

村田六段の陽動振り飛車に、藤井七段が上手く対応して迎えた終盤戦。

下図は、藤井七段が先手陣を突破して飛車を成り込み、先手が持ち駒の金を投入して頑強に受けた局面。

安全勝ちを目指しても勝てそうな形勢ですが、藤井将棋に「無難」の概念は無し。

藤井七段はここから、△7六竜▲5六角△5五歩▲6七金寄△5七桂!鋭く切り込みました。

アタリを弱めるべく金をよろけながら竜に当てた先手ですが、藤井七段は「それは断固許さじ!」と桂馬をブチ込む。

無理矢理アタリを再度強めて粘りを許さず、以下幾許もなく先手を投了に追い込みました。

第43期及び第44期に続き、3年連続の本戦トーナメント進出に向けて、幸先のよいスタートを決めています!

2018年も数々の記録を塗り替えてきた1年

本局の勝利により、藤井七段の2018年度成績は、38戦32勝6敗(勝率:0.8421)となりました。

思い返せば藤井七段は、2018年が始まったとき、その肩書はまだ「四段」でした。

それが2月1日に五段(順位戦C2→C1昇級)になり、その16日後に六段(史上最年少棋戦優勝)になり、年度が変わって5月に七段になりました。

10月には平成最後の新人王戦で優勝、12月には史上最年少&最速&最高勝率で通算100勝を達成するなど、今年も記録づくめの1年でした。

2019年、年明けからの見どころ


2018年度も、残すところ3ヶ月ほどとなりました。

タイトル挑戦については、2019年度以降のお楽しみですが、藤井七段の見どころはそれ以外にもまだまだあります、

年明けからの見どころは、順位戦でC1からB2へ昇級できるか、朝日杯2連覇なるか、約50年ぶりに年度最高勝率記録を更新できるか、といったところでしょうか。

-ネット中継将棋観戦記(藤井聡太七段)