伊奈めぐみ 渡辺明

「妻の小言。」でぬいぐるみ好きが暴露されたときの渡辺明竜王

57ea0906-s

(*)将棋の渡辺くん 第1巻

たぶん「将棋の渡辺くん」の中で、読者の度肝を抜いた話ランキングベスト5に入る話がコレ。

これを見ただけだと、若いカップルがペットの話で盛り上がっている、仲睦まじい光景。

ぬいぐるみのことも「犬」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(画像:妻の小言2009/05/07より)

しかし、2人のいう「犬」は、それぞれ別のものを指していました。

めぐみさんはふつうの犬のこと。

しかし、渡辺竜王(当時は五段)のいう「犬」の正体は、なんと「犬のぬいぐるみ」のことだったのです。

私にとっては日常なので、特に驚いたりとかは別にないですね。

ぬいぐるみもいつものことなので。

もちろん最初は驚きましたよ。

漫画にも描きましたけど、結婚前に旦那が「犬を飼ってる」というので私はてっきり本当の犬の話だと思っていたら、彼はぬいぐるみの話をしていて。

なんか話が合わないな…とは思っていたんですが。

旦那の中では本物の犬とぬいぐるみの犬は同じなんですよ。

最初はそんな感じでしたけど。

(引用:「愛犬」はぬいぐるみ!? 天才棋士の知られざる奇行三昧。妻が描きました。『将棋の渡辺くん』インタビュー【前編】より)

飼い犬の話をしてるのに、その犬の正体はぬいぐるみのことだった。

そのことを知っためぐみさんは、(文字通り)絶句します。

将棋の渡辺くんではこんな感じで、ぬいぐるみをこよなく愛する渡辺竜王の姿がコミカルに描かれています。

「妻の小言。」でぬいぐるみ好きが暴露されたとき

渡辺竜王のぬいぐるみ好きが暴露されたのは、妻の小言。に投稿されたこの記事。

めぐみさんは「いい年したおっさん」と言っていますが、渡辺竜王は当時25歳です。

今朝、旦那がいつものようにぬいぐるみと一緒に寝て、なかなか起きてこなかった。

私  「早く起きないとぬいぐるみが好きなこと書いちゃうよ」
旦那 「いいよ」
私  「……ほんとに書いてもいいの?」
旦那 「いいよ」
私  「いい年したおっさんがぬいぐるみが好きなことは、恥じるべきことではないと?」
旦那 「うん」
私  「……」

布団にくるまりながら堂々と答える旦那に、初めて男らしさを感じた。

(引用:妻の小言。2009/5/16より)

いい年した男がぬいぐるみ好きなのは、世間からはなかなか受け入れてもらえない趣味。

しかし、それをさらっと「いいよ」と一言。

渡辺竜王には、そもそも恥ずかしいという感覚がないのだと思います。

自分の趣味が世間からみてどうか、は関係ない。

-伊奈めぐみ, 渡辺明