第29期竜王戦挑戦者変更&三浦弘行九段出場停止処分

第29期竜王戦挑戦者変更&三浦弘行九段出場停止処分 各メディアの報道のまとめ

家に帰ってきてPCを立ち上げて、ヤフーニュースを見て、目が飛び出るほどびっくりしました。

これは対局放棄事件以来の大スキャンダルになる予感がするので、とりあえず報道された内容をまとめます。

この問題は事実をはっきりさせたうえでないと、なんとも評価できないし、してはならない。

【スポンサーリンク】

日本将棋連盟の発表

まず、日本将棋連盟のWebサイトに掲載された文章を抜粋します。

10月15、16日に京都市の「天龍寺」で開幕する第29期竜王戦七番勝負について、挑戦者の三浦弘行九段が出場しないことになりましたので、お知らせいたします。

対局規定により、挑戦者決定戦に出場した丸山忠久九段が繰り上がりで渡辺明竜王と対局することになります。

当連盟は12日、三浦九段を2016年12月31日まで出場停止の処分といたしました。

今回の挑戦者の変更については、主催の読売新聞社からもご了承を得ております。

【谷川浩司会長のコメント】

七番勝負直前の変更となり、関係者や将棋ファンの皆様にご迷惑をお掛けし申し訳ありません。対局者のお二人には名棋譜を作り上げることを期待しています。

【丸山忠久九段のコメント】

日本将棋連盟の決定には個人的には賛成しかねますが、竜王戦は将棋の最高棋戦ですので全力を尽くします。

日本将棋連盟より抜粋)

この文章から分かることは、「対局者が三浦弘行九段から丸山忠久九段に変更になったこと」と、「三浦九段が年末まで出場停止になったこと」だけ。

肝心の、挑戦者変更&出場停止の「理由」がまったく分からない。

というわけで、各メディアの報道を見てみましょう。

【スポンサーリンク】

各メディアの報道

各メディアによって微妙に、報道している内容というか、報道している範囲が異なるので、いくつかの報道をつなぎ合わせないと、全貌が良く分からない。

なので、主な報道記事をまとめてみました。

閲覧にあたっての注意

この記事を作成中に、引用元のページの内容が更新されることがありました(ぼくが把握しているのは毎日新聞)。

ご覧になったタイミング次第では、引用している文章と引用元の文章が異なるかもしれません。

時事通信

日本将棋連盟は12日、15日から始まる第29期竜王戦7番勝負で挑戦者に決まっていた三浦弘行九段(42)の出場を取り消すと発表した。

挑戦者決定戦で敗退した丸山忠久九段(46)が繰り上がり、渡辺明2冠(32)=竜王、棋王=と対局する。

直前の挑戦者変更はきわめて異例。

同連盟は、三浦九段を12月31日まで出場停止処分としたことも明らかにした。

7月以降の対局で不自然な離席が多く、本人から合理的な説明が得られなかったためという。

(引用:時事通信より)

毎日新聞

日本将棋連盟は12日、三浦弘行九段(42)を12月31日までの出場停止処分にしたと発表した。

処分の直接の理由は、12日午後3時までに休場届の提出を求めたが、提出されなかったため。

三浦九段は対局中の離席が多いことから将棋ソフトの不正利用がうわさされ、連盟側は三浦九段から聞き取りをしていたことを明らかにした。

(中略)

会見した同連盟の島朗(あきら)常務理事によると、11日の常務会で、終盤に離席が多い点などを尋ねたところ、三浦九段は「部屋で体を休ませていた」と説明。

調査に対し「これではとても(将棋を)指せないので休場する」と申し出たという。

期限とした12日午後3時まで休場届を待ったが、提出がなかったため処分に踏み切った。

(引用:毎日新聞より)

中日新聞

日本将棋連盟は12日、京都市で15日に開幕する第29期竜王戦7番勝負について、挑戦者の三浦弘行九段(42)が出場しないことになったと発表した。

対局中に不自然な形で離席することが多いと、過去に対戦した相手から指摘があり、11日に事情を聴くと休場を申し出たという。

連盟によると、三浦九段は離席の理由については「部屋で体を休ませていた」と説明している。

期限の12日午後までに休場届が出なかったことから、連盟は三浦九段を今年12月31日まで出場停止処分とした。

対局規定により、挑戦者決定戦に出場した丸山忠久九段が、三浦九段に代わって渡辺明竜王に挑戦する。

(引用:中日新聞より)

日本経済新聞

日本将棋連盟(谷川浩司会長)は12日、15日に開幕する第29期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)で挑戦者に決まっていた三浦弘行九段(42)の出場を取り消すと発表した。

将棋連盟の島朗常務理事によると「竜王戦の挑戦者決定トーナメントの対局中、疑義を招く行為があった」ことを理由にしており、頻繁に席を離れていたことから将棋ソフトを使ったとの疑いがもたれている。

(中略)

これに対し、三浦九段は「全くのぬれ衣で、不正行為は行っていない」と話している。今後の対応については弁護士と相談するという。

(引用:日本経済新聞より)

各々の報道のまとめ

  • 三浦九段は7月以降の対局中、不自然な離席が多く、(時事)将棋ソフトの不正利用が噂されていた。(毎日)
  • なので、連盟が「対局中の終盤に離席が多い点」について、連盟は11日に聞きとり調査をした。(中日)
  • しかし、合理的な説明が得られなかった。(時事)
  • 三浦九段は離席の理由について、「部屋で体を休ませていた」と説明した。(中日)
  • 「(疑念を持たれて)これではとても(将棋を)指せないので休場します」と三浦九段が申し出た。(毎日)
  • 12日午後3時までに休場届の提出を求めたが、提出されなかった。(毎日)
  • なので、日本将棋連盟は12日、三浦弘行九段を12月31日までの出場停止処分にした。
  • 同時に、第29期竜王戦挑戦者を丸山忠久九段に変更すると発表した。
  • 竜王戦出場取り消しの理由は「竜王戦の挑戦者決定トーナメントの対局中、疑義を招く行為があった」こと。(経済)
  • 三浦九段はその事実を「全くのぬれ衣で、不正行為は行っていない」である否定している。(経済)

渡辺明竜王のブログ

渡辺明竜王は自身のブログで、以下のようにコメントしました。

大変な事態になってしまいましたが、引き続き将棋界へのご声援を宜しくお願いします。

詳細は各種報道に任せて、ここでは省略します。

(引用:渡辺明ブログ 2016/10/12より)

「引き続き将棋界へのご声援」を送れるか否かは、「三浦九段が本当に将棋ソフトを不正利用していたかどうか」の事実がはっきりしないとなんともいえない。

とにもかくにも、1人の将棋ファンとして、事実の解明&公表を望みます。

-第29期竜王戦挑戦者変更&三浦弘行九段出場停止処分

明日2月27日は「将棋界の一番長い日」よりも重要な日になるかもしれない

明日2月27日は、日本将棋連盟の臨時総会が行われます。 その日について田丸昇九段 ...

なぜか名人戦挑戦者になれない渡辺明竜王

「渡辺明竜王が名人戦挑戦者になれない」は、将棋界の七不思議のひとつといっても過言 ...

2016年度の「将棋界の一番長い日」を終えて

2016年度の「将棋界の一番長い日」も終わり、今年もそれぞれの棋士に明暗分かれる ...

史上初の外国人女流棋士誕生! カロリーナ・ステチェンスカ女流2級の軌跡

2017年2月20日(月)、カロリーナ・ステチェンスカ女流3級が第44期女流名人 ...

棋士の収入源はなに?

棋士の収入源は主に「対局料」と「賞金」です。 対局料とは、その名の通り「対局する ...