第29期竜王戦挑戦者変更&三浦弘行九段出場停止処分

三浦弘行九段ソフト使用疑惑←日本将棋連盟 「追加調査はしない」 10月13日の会見まとめ

10月13日、日本将棋連盟が記者会見を開きました。

三浦弘之九段が対局中に将棋ソフトを不正利用したとして出場停止処分にした件について、追加調査をするつもりがないことを表明しました。

2016年10月14日午前0時08分現在、日本将棋連盟のWebサイトには本日の会見についての記事はありません。

なので、各メディアの報道から得られた情報をまとめます。

【スポンサーリンク】

各メディアからの情報まとめ

  • 会見に出席した島朗常務理事によると、三浦九段に対する調査の要望は「5人前後の棋士」からあったと説明。(毎日)
  • 追加調査するつもりはなし。連絡するつもりもなし。(産経)
  • また、他の棋士に関する調査の予定もなし。(毎日)
  • 三浦九段に対し、これ以上の処分も課すつもりもない。(経済)
  • 三浦九段の担当弁護士は13日、日本経済新聞の取材に「状況証拠しかない中で一方的に決められた処分で、撤回を求めたい」と話した。(経済)
  • 日本将棋連盟は、不正があったと判断できる具体的な証拠を示していない。(経済)

各メディアの報道

例によって、各メディアで内容が微妙に違う。

そして、そもそも報道しているメディアの数が12日のときより圧倒的に少ない。

産経ニュース

将棋のトップ棋士、三浦弘行九段(42)が対局中にコンピューターソフトを不正使用した疑いが出ている問題で日本将棋連盟は13日、今後、追加で調査する考えがないことを明らかにした。

連盟常務理事の島朗九段は「三浦九段を出場停止処分にしており、聴取は尽くした。こちらから連絡するつもりはない」と話した。

(引用:産経ニュースより)

毎日新聞

会見した島朗(あきら)常務理事は、三浦九段に対する調査の要望は5人前後の棋士からあったと説明。

「聴取はすでに尽くしており、聞き取り調査を今後行う予定はない」と述べた。

また他の棋士に関する調査の予定もないとした。

(引用:毎日新聞より)

日本経済新聞

島常務理事は「(出場停止が明ける)年明けの対局で範を示してほしい」と語り、これ以上の処分は科さない意向を示唆した。

一方、対局中に将棋ソフトを利用した疑いを否定している三浦九段の担当弁護士は13日、日本経済新聞の取材に「状況証拠しかない中で一方的に決められた処分で、撤回を求めたい」と話した。

三浦九段については今夏以降、対局中の離席が目立ち、スマートフォンなどでソフトを利用したとの疑いの声が棋士の間であがった。

ただ、不正を示す具体的な証拠を将棋連盟は示していない。

(引用:日本経済新聞より)

この会見は何のために?

【スポンサーリンク】

連盟はこれ以上、追加調査をするつもりがないということは分かりました。

でも、なぜ「追加調査をするつもりはない」と言うために、わざわざ記者会見を開いたのだろう?

その他に連盟が新たに公表したのは、「5人前後の棋士から調査の要望があったこと」と「これ以上の処分を課すつもりはない」ことくらい。

関連記事

将棋棋士の「スマホ持ち込み&外出禁止」報道のまとめ

第29期竜王戦挑戦者変更&三浦弘行九段出場停止処分 各メディアの報道のまとめ

-第29期竜王戦挑戦者変更&三浦弘行九段出場停止処分

明日2月27日は「将棋界の一番長い日」よりも重要な日になるかもしれない

明日2月27日は、日本将棋連盟の臨時総会が行われます。 その日について田丸昇九段 ...

なぜか名人戦挑戦者になれない渡辺明竜王

「渡辺明竜王が名人戦挑戦者になれない」は、将棋界の七不思議のひとつといっても過言 ...

2016年度の「将棋界の一番長い日」を終えて

2016年度の「将棋界の一番長い日」も終わり、今年もそれぞれの棋士に明暗分かれる ...

史上初の外国人女流棋士誕生! カロリーナ・ステチェンスカ女流2級の軌跡

2017年2月20日(月)、カロリーナ・ステチェンスカ女流3級が第44期女流名人 ...

棋士の収入源はなに?

棋士の収入源は主に「対局料」と「賞金」です。 対局料とは、その名の通り「対局する ...