佐藤天彦

佐藤天彦新名人誕生を見事言い当てた橋本崇載八段

2016/11/13

05e31c9a

(画像:棋王戦中継ブログより引用)

今年5月、佐藤天彦名人が誕生しました。

将棋ファンなら多かれ少なかれ、どちらが勝つだろうと考えながら、どちらに勝ってほしいと願いながら、名人戦を観ていたことでしょう。

名人戦が開幕する前、将棋世界2016年5月号にて橋本崇載八段と阿久津主税八段が、名人戦の展望について対談した企画がありました。

この2人は・・・

wp-1478868708266.jpg

橋本崇載八段も阿久津主税八段も、ともにA級在籍経験のある実力派棋士。

そして、熱心な将棋ファンの方ならお察しの通り、ともにA級から1期で陥落した苦い経験を持つ同士でもあります。

そのことについてお二方は、そんな2人に順位戦について対談をさせるのは「編集部の嫌がらせ」だと、笑って話し合っています。

天彦君の奪取だと思います

この手の企画の恒例行事として、棋士による勝敗予想があります。

その例に漏れず、お二方も独自の予想を披露したわけですが、なんと、ハッシーこと橋本崇載八段が、見事結果を言い当てていたのです!

●では七番勝負に話を移します。羽生-佐藤天彦戦ですが、ズバリ勝敗予想は。

橋本 天彦君の奪取だと思います。

阿久津 力強いね、相変わらず(笑)

橋本 渡辺氏が天彦君を評して、「近年でこれだけの勝ち方をする棋士は記憶にない。これだけ勝ってタイトルを取れないのは酷なくらいだ」と言ったようですね。たしかにそんな気がします。A級1年目で8勝1敗を取る人は、名人になると思う。45歳の羽生名人はこの1年でタイトル失冠はなし。すごいです。ただ体力や気力はどうかな、と。これは言いがかりというか、天邪鬼なので、絶対王者が負けるところが見たいんです。

(略)

橋本 私も2日制は天彦君が有利だと思う。羽生名人は天彦君の得意戦法の横歩取りを避けにくいでしょう。ヘタに形を外すと1日目に作戦負けになる可能性がある。王座戦では2局、横歩取りで勝ちましたが、流行形ではなく、力でねじ伏せた感がある勝ち方でした。

阿久津 そう、横歩取りでも力戦形なんです。これも一案として難しいと思うけどどう?みたいな、主流にはなりづらい形にしていましたから。

橋本 厳密には少し損なんだけど、それは百も承知。ただ2日制の名人戦ではやりにくい気がします。

(引用:将棋世界 2016年5月号「A級順位戦総括&名人戦展望対談」より)

この手の企画で、これだけハッキリ断言するのは珍しいですね。

ハッシーらしいといえばハッシーらしいし、何よりしっかり根拠を示しているのが素晴らしい。

ハッシーといえば、「奇抜な髪形」や「勝利直後のカメラ目線」といった、個性的な言動がクローズアップされがちです。

が、棋士として、ライバルの将棋の「見るべきところをちゃんと見ている」のは、さすがは元A級棋士なんだな、と思わせられます。

-佐藤天彦