「若き日の名棋士たち」 一覧

若き日の羽生善治竜王は、うわの空で将棋を指しても強かった

羽生善治三冠と畠田理恵さんの馴れ初めで紹介した通り、羽生善治竜王と畠田理恵さんが ...

若き日の渡辺明棋王が、急所の一番で喫した「悪夢の完敗」

舞台は今から約13年前、第64期(2005年度)C級1組順位戦最終局。 2つある ...

歴代最高勝率(8割5分5厘)を記録した頃の中原誠五段(当時20歳)

中原誠十六世名人は1967年度、歴代最高勝率である8割5分4厘5毛という記録を残 ...

「島研」時代から別格だった羽生善治三冠

今や伝説になっている研究会・「島研」。 初代竜王になった島朗九段が主催し、若き日 ...

渡辺明竜王が生涯でただ一度、将棋で負けて泣いた日

下の画像は、「将棋の渡辺くん」の第1巻が発売された際に行われた、記念対談の様子。 ...

少年時代から「名人になる器」として育てられた中原誠十六世名人

以前、知られざる陣屋事件という記事を書きました。 世に有名な陣屋事件の方ではなく ...

若き日の羽生善治三冠が、世間を敵に回した日

この話は、誰もが認める将棋界のスーパースター・羽生善治三冠の、若き日の苦難の物語 ...

「羽生時代もこれで終わった」と言ってのけた若き日の中村修九段

【中村修九段】 (画像引用:日本将棋連盟より) そう大言壮語を言ってのけたのは、 ...

神武以来の天才・加藤一二三九段の、長く険しい名人への道

最近はバラエティ番組で人気者になり、棋士としても今年76歳ながらいまだ現役を続け ...